Reforme Stretch

Reforme Stretch(レフォルムストレッチ)では、完全プライベートでのストレッチを実現しています。そのため周りの方の目を気にすることなく、思う存分ストレッチに没頭していただけます。また感染症予防対策として、超高性能殺菌装置ReSPR FLEX(レスパーフレックス)を導入し、サロン内の環境整備には徹底的にこだわっております。

  1. ごあいさつ

    Reforme Stretchとは

  2. 店内のご案内

    完全プライベートでの施術を実施!

熱中症対策

ストレッチ

こんにちは!

レフォルムストレッチの栗原です。

今回は熱中症対策についてお話しします。

あまりストレッチは関係ないですが、、

レフォルムストレッチのブログでは軽く熱中症についてお伝えしたのですがより深くお伝えしようと思います。

まず、熱中症が起こる発生メカニズムについて

人間は一定の体温を保つ為に常に熱を作り出しています。体内の熱は血液やリンパ液の循環により体表に運ばれ、表皮から発汗などにより熱が放出され、体内に熱が籠らないような仕組みになっています。しかし、運動をすることでたくさんの熱が骨格筋により作り出され、また、直射日光下や高温多湿の環境下では放熱が追い付かず、体温が急激に上昇します。

熱中症には4つの症状があります。

1️⃣熱失神

体内の高熱を体外へ逃がすために、たくさんの血液が四肢や体表部へ移動します。これにより、脳への血液の供給量が減り酸欠状態になり、意識がもうろうとしたり、酷いときには意識を失ったりします。
(足を高くして寝かせると通常であれば回復します)


2️⃣熱痙攣

汗にはナトリウムなどの電解質が含まれており、大量に発汗すると体液中の電解質バランスが崩れ、筋肉が収縮したまま弛緩しない痙攣状態になります。酷くなると全身の筋肉が痙攣します。
スポーツドリンクなどで水分と食塩の補給をする(自力で水分が摂取できない場合は点滴をする)と通常であれば回復します。

3️⃣熱疲労

 大量の汗が出ると、体内の水分量が失われますので、脱水状態になり、全身倦怠感、頭痛、吐き気などの症状が現れます。

スポーツドリンクなどで水分と食塩の補給をする(自力で水分が摂取できない場合は点滴をする)と通常であれば回復します。

4️⃣熱射病 

体内の放熱処理が間に合わなくなると、体温が上昇し続け、脳がダメージを受けてしまいます。そして意識レベル低下や呼吸障害、運動障害など、生命維持に非常に危険な状態に陥ります。
救急車を要請しつつ、可及的速やかに冷水や送風などで全身の冷却を行います。

暑いときは無理に運動をしないことが大切です。できれば、その日の暑さ指数WBGT(湿球黒球温度)の予報情報サイトをインターネットでチェックし、暑さに合わせて日陰でできる軽い運動メニューに切り替えるなどの工夫をして下さい!

レフォルムストレッチでは1人では伸ばせない所をアプローチしたり、関節をしっかり動かしていくパーソナルストレッチです。

お客様の体質を変えていくお店になります。整体、マッサージとは全く特徴が違います。

もし迷っている方がいましたら、是非レフォルムストレッチ中目黒までご来店お待ちしております‼️

僕達プロのトレーナーがお客様にあった方法で身体の不調を改善します‼︎

LINEを友達追加して初回50%OFFでストレッチを受けれます。

関連記事